最終的には医師に判断していただきますが、精神科の通院が終わった人が何名もいます。

そもそも、パニックの症状が出なければ社会生活に問題は起こりません。

ちょっとした過呼吸や恐怖など、精神科に掛かっていなくても持っている人はたくさんいます。

私も過去に、精神科に行く羽目になったことがありますが、改善しています。

パニックの原因とは?

全ての人が当てはまるわけではありませんが、こういうことが多いかと思われます。たくさんのパニック症状の方へのアプローチをしていて、共通点は意外と多いものです。

パニックの症状とは、閉鎖空間(電車、バス、飛行機、狭い部屋など)が苦手、突然の過呼吸などがあります。

パニックになる人は、子供の頃に過度とも言える家庭内教育があり、その厳しさから逃げることができないでいた可能性があります。
これだけでは発症はしませんが、年齢を重ねてあることが重なると、パニックの発作が起こり、頻繁に起こるようになると社会生活に支障を来します。

繰り返し、パニック発作が起こるようになると、それを身体が学習して、その状態状況に近づくだけで不安が発生し、症状が起こります。

DVなどで逃げられない状況でも同じような症状が起こります。条件反射に近いものが有りますが、この反射は精神力でコントロールすることはとてもやりにくいものです。

そのため、気分を変えたり、その状況に近づかない、深呼吸をするなどして、誤魔化してパニック症状が出てくるのを回避することが多く行われています。

この手のパニックなら解消できます。

この手のパニックは学習による反射です。気持ちやこころではなく、身体が覚えているパターンです。当協会のエモーションフリーは、身体にある条件反射を組み替えることでネガティブな感情がでなくするようなモノなので、同じようにパニックの条件反射を組み替えていきます。

そうすることで、症状が出ないようにしていけます。

実際、パニック症状が発症している状態でも、エモーションフリーを掛けていくことで呼吸が穏やかになり、落ち着いていきます。それはほんの数分の出来事です。

深呼吸でもそれくらいの時間で落ち着くことは難しいので、効果の程は想像できるかと思います。

セッションで大元の問題を解放する。

今回パニック用の特別セッションで、その大元である幼少期の過度な教育環境から来る思い込みを解放します。大抵はその場で、思い出しても恐くないなどの変化を感じられます。

完全に症状が出なくならなくても、別売のビデオ版エモーションフリー講座などでエモーションフリーを学び、覚えていただくことで一生使えるリカバーツールとして、パニック症状と付き合っていくことができます。

私の知る限り、きちんとエモーションフリーをして、何年も状態が継続している人はいません。

今回は特別企画です。

今回、私たちはエモーションフリーでパニック症状を緩和、あるいは解消していただきたいと考え、その特別セッションを企画しました。

このセッションはパニック症状の閉鎖空間への恐怖、過呼吸への恐怖を緩和します。逆に言えばそれ以外の問題や人生の問題は対象外とすることで、価格を抑え、セッション時間を短くし、負担の内容に行います。

また。100%返金保証をおつけすることで、試しに受けていただくと言うことができるようにします。

セッション受講について

  • セッションはエモーションフリーを使って15分程度のセッションです。長時間行いませんのであらかじめご了承ください。
  • 全世界、全国各地から受けていただくために、ZOOMを使ったオンラインでセッションを行います。
  • セッションは1対1のマンツーマンになります。決済終了後、予約をお取りください。
  • セッション時は可能であればヘッドフォンを使用し、スマートフォンの場合はフル充電しておいてください。また、OSやアプリケーションのアップデートをお願いします。
  • セッションは日本語で行います。
  • 最初にパニック症状が起こったことを想像、あるいは思い出していただいて、その状態の強さを10段階で評価できること。身体感覚が著しくない場合、数値がわからないと思いますので。BeforeAfterが測れませんので効果がわかりません。
  • オンラインのセッションであるため、実際の状況でのテストはできません。想像あるいは思い出すことで効果テストの代用とさせていただきます。

セッションの費用について

セッションの費用は3300円/15分です。その他の通信費等はご負担ください。

100%返金保証の条件

返金保証の条件は以下の通りです。

  • 閉鎖空間への恐怖、過呼吸への恐怖のいずれかもしくは両方があること。虚偽の申込みでは返金しません。
  • 最初にパニック症状が起こったことを想像、あるいは思い出していただいて、その状態の強さを10段階(最大の恐怖を10とします)で表現していただきます。セッション後、その数値が変化(下がる)ことが確認できない場合、返金します。
  • Paypalでの決済に対してPaypalでの返金を行います。銀行振込はお取り扱いしません。

セッション後について

セッション後、パニック症状について気にならなくなる場合が多々あります。それでもしばらくの間は細心の注意を払って生活してください。また、可能であれば当協会のエモーションフリーを学ぶことをご検討ください。パニック以外にも、PTSD、摂食障害、対人関係、強い思い込みなどに効果を発揮しています。

お申込みはこちら

今すぐ申込む

セッションの費用は3300円/15分です。時間は厳守してください。

ZOOMを携帯電話で行う方へ

ZOOMは携帯電話でも行えます。その際に、OSを最新バージョンへのアップデート、ZOOMアプリのインストールをお願いします。また、ヘッドフォンを使った方が音が明瞭です。今回は15分という短い時間ですから、バッテリー切れは余り考えられませんが、事前に充電しておいてください。

ホームに戻る